暗号資産を活用ブログ

ビットコイン、暗号資産(仮想通貨)などのおすすめ情報を発信します

PancakeSwapで流動性を解除しウォレットにお金を戻す方法

こんにちは、こーいちです。

 

PancakeSwapではじめてのDeFiを実行し、cakeトークンをGETすることができました。

 

約20万円分のお金をBNBとBUSDに換え預けたところ、3日で200円分のcakeトークンが増えることが分かりました。(2021年11月の状況です)

 

なお、PancakeSwapでcakeトークンを得る方法は過去記事に詳しく書いていますので、やってみたい方は参考にして下さい。

【DeFiやり方】PancakeSwapでパンケーキを焼く方法!

 

今回は、一度預け入れた仮想通貨コインをウォレットに戻し、もう少し利回りの高いDeFiをやってみようと思い流動性を解除しました。

 

なのでそのやり方を解説します。

 

「PancakeSwapをやってみたけど解除したい」という方や、「お金が増えたから日本円に戻したい」という方は参考にして下さい。

 

ファーミングを終了し、流動性を解除してウォレットに通貨を戻す方法

 

まずはPancakeSwapのサイトに行き、Earn(得る)→Farms(農場)をクリックします。

 

自分が預けているペアの通貨を探し、右にある「∧」のマークをクリック。

 

f:id:manimanipen:20211101062825p:plain

 

ファーミングで増えたケーキをまずは回収し、その後右側の-(マイナス)ボタンをクリックします。

 

するとトークンの賭けを解除するという画面が出るので、マックスを押し確認を選びます。

f:id:manimanipen:20211101171902p:plain

 

数十秒ほど時間がかかるかもしれませんが、これでファーミングを終了しました。

 

しかし、まだウォレットの中に仮想通貨は戻っていません。

 

つぎに流動性の解除をします。

 

Trade(トレード)→Liquidity(流動性)を選びます。

 

f:id:manimanipen:20211101172226p:plain

 

右の∨マークをクリックし、削除するを選択します。

 

f:id:manimanipen:20211101172405p:plain

 

いくら解除するのかを選択し、まずは有効をクリック。

 

f:id:manimanipen:20211101172511p:plain

 

するとMetaMaskが出てきますので、署名をクリック。

 

もう一度金額を指定し、「金額を入力してください」をクリックします。

 

f:id:manimanipen:20211101172628p:plain

 

すると確認画面が出てきますので「確認」をクリック。

 

f:id:manimanipen:20211101172707p:plain

 

再度MetaMaskが起動します、確認をクリック。

 

すると流動性が削除され、MetaMaskに仮想通貨が移動しました。

 

f:id:manimanipen:20211101172839p:plain

 

これを別の通貨に換えて運用したり、BINANCEに戻したりするわけですね。

 

と言うことで、PancakeSwapのファーミングを止め、ウォレットに通貨を戻す方法の解説でした!